読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期52  こだわりを捨てなさい 森田療法

対人恐怖症克服期

対人恐怖症克服期52  こだわりを捨てなさい 森田療法

 

 

 ・こだわりは症状を悪化させる

 

 

引きこもりとなった私は、さまざまな心理療法を試すようになりました。その中でも日本人が創った森田療法はとても効果がありました。森田療法のテーマは「こだわり」を捨てることにあります。「こだわり」は症状を悪化させるので、こだわりを捨てなさいと諭されるのです。

 

 

例えば、赤面恐怖の人は赤面することを恥ずかしいと考え、「赤くなってはいけない!」と症状を抑えこもうとします。私も高校時代まで赤面がありましたので、わざと薄着になったり、冷たい風に当たるようにしていました。

 

 

実はこれが症状を悪化させる原因なのです。「赤面を抑えなくては」と感じる時点で症状にこだわってしまっています。「真っ赤になってはいけない」と考える。すると、真っ赤な自分を余計に意識してしまい、余計に赤くなってしまうのです。これは精神交互作用といいます。

 

 

・ 過剰な○○はいけない!は逆効果?

 

 

精神交互作用は様々な場面で起こります。

 

 

例えば

「ケーキを食べてはいけない!」と十回唱えてみるとします。どうでしょう?なんだかケーキを食べたくなりませんか?この文章を読む前よりもケーキのことを意識してしまうでしょう。

 

 

「会話で失敗してはいけない」

と過剰に意識すると、逆に失敗する自分をイメージして余計に会話がぎこちなくなってしまいます。

 

 

「人前で話すときに緊張してはいけない!」

と過剰に意識すると、逆に失敗する自分をイメージして、余計に緊張しやすくなってしまうのです。

 

 

私は必要以上に「視線」「笑顔」に自分がこだわっていることに気が付きました。そして森田はこだわりを適度に捨て去ることで、対人恐怖は軽減できると言うのです。

 

 

ではどうすればこだわりが捨てられるのか?

森田は「あるがまま」というキーワードを教えてくれました。

 

 

 

 

 

 

**********************

当ブログでは、日常のコミュニケーションのコラムや対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服について興味がある方は参考にして頂けると幸いです。

 

・軽度対人恐怖時代    1~32

・引きこもりピークに   33~56

・フリーター時代     57~82

・2年間の会社員時代   83~128

 

**********************