川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期85 就職活動編3 インフェリオリーコンプレックス

対人恐怖症克服期85 就職活動編3 インフェリオリーコンプレックス

 

 

 ・身体が拒否反応

引きこもりから脱出し、就職活動を始めた私は、リクナビネクストに登録し、始めて就職活動らしき行動をはじめました。就職活動のために購入した一張羅のリクルートスーツに身を包み、青山(若干記憶が曖昧)の町に降り立つと、勝ち組臭の漂う、サラリーマンやOLが自信満々で闊歩していました。

 

行動療法的には、対人恐怖にはスモールステップが原則です。当時の私ですと、青梅線ですと「小作駅」、京浜急行線ですと「京急久里浜」、常磐線ですと「取手」あたりから始めるのが精神衛生上、妥当だと言えるのです。

 

青山は明らかに、私のキャパを超えていました。いきなりの青山駅に体全体が拒否反応をしめし、ワナワナと心がダメージを受けているのがわかります。

 

 

・コンプレックスが湧き上がる

ホウホウの体で地図を見ながら進むと、面接会場のビルらしきものに到着しました。そのビルは20階建てぐらいのビルでした。

 

入り口ではリクルートの社員が

 

ビジネスマン!OL!

 

という感じで、出入りしていました。おそらく、彼ら彼女らは、大学も順調に卒業し、青春を謳歌し、就職活動もきちんとこなし、これぞ順風満帆な人生を歩んでいるに違いない・・・

 

その完璧な姿勢と振る舞いに、どうにもこうにも自分がみっともなく感じてしまい、引きこもりであった自分とのギャップに極めて大きな*インフェリオリーコンプレックスを感じてしまったのです。

 

 

・恐怖突入

ビルを目の前にして、面舵いっぱい、180度回転して、その災いを避けようとも考えました。しかし、ここで森田療法の恐怖突入を思い出します。森田療法では、恐怖から逃げていては結局何も進まない。恐怖へ突入せよ!と教わりました。

 

 

そこで私は極めて膨大な不安を堅持しつつ、リクルートの登録会場へ進んだのでした。ひきこもりがご光臨をなさったと、受付の方に報告を済ますと、綺麗な革張りの個室に案内され、面接官を待つことになりました。

 

 

そして、数分後、そこには、フェロモン系の面接官が現れたのです。

 

 

続く

 

 

 

*インフォリーコンプレックス=劣等感

 大好きな西村賢太氏の小説から拝借

 

 

 

 

**********************

当ブログでは、日常のコミュニケーションのコラムや対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服について興味がある方は参考にして頂けると幸いです。

 

・軽度対人恐怖時代    1~32

・引きこもりピークに   33~56

・フリーター時代     57~82

・2年間の会社員時代   83~128

 

**********************