読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期94 就職活動編12 変則手をひねり出す

対人恐怖症克服期94 就職活動編12 変則手をひねり出す

 

 

・脳みそを沸騰させる

引きこもりから脱出した私は、就職活動をはじめ、初めて「働きたい」と思える会社と出会い2日後に面接を受けることになりました。しかし、就職氷河期、資格なし、職務経歴なしという地獄モードで、そのまま面接突入しても、不採用になることは明白でした。

 

そこで私は、体中のエネルギーを脳みそに集中させ、どうすれば採用されるか?について、頭を沸騰させて考え始めました。その会社の求人広告、業種、求める人材像を何度も何度も読み返し、どこかにヒントがないかを考え続けました。

 

 

「環境計測器・・・」

「環境問題・・・」

「計測器・・・」

 

「へえ・・二酸化炭素濃度を測る機会もあるのか。

 

「サーモグラフィー・・・

 風速計・・・風速を測る機会もあるのか・・・」

 

そうか~世の中って「測る」ことで成り立っていることって結構あるんだな。

 

「測る・・・」

「測る・・・」

 

 

「ん??・・・測る??」

 

 

「どっかでチラッと僕自身が考えたことがあるぞ!」

 

 

「測る・・・!そうだ・・・!」

 

 

 「精子量測定器だ!!!」

 

 

 

・起業アイデアの種を使う

当時の私は、起業アイデアをノートに書き起こてシュミレーションしてみるという訓練をしていました。基本的に稚拙なアイデアが多く、なんでも屋とか、フリーマーケットとか、中古本販売など、アイデアとしてはレベルが低いものばかりでした。

 

しかし、唯一これはいけるかも?!と考えたものがありました。それが「精子量測定器」の販売業だったのです。

 

 

・ 埋もれてたアイデアが生きてくる

出典を忘れてしまったのですが当時の成人男性の精子量が、減少しているという研究がありました。しかし、男性にとって泌尿器科に行くというのはとても億劫なものです。わざわざ泌尿器科に行くモチベーションはありません。しかし、もし手軽に精子量を測れるとしたら結構売れるんじゃないか?そんなことを思いついていたのです。

 

私はその記事を読んでから、実際にそういった機械があるか?調べてみました。すると、実際簡易型精子量測定器というのは売っていました。しかし、パッケージが武骨でまともに広告もしていないような商品で、一般向けに広がるような製品ではありませんでした。

 

 

・企画書を作って電話するも瞬殺

そこで私は、企画書を創ってみて、その製品をどうやって世の中に広げていくか?広告戦略や簡単な損益計算書を創ってみたりして、シュミレーションしてみました。

 

企画書ができあがると私は、メーカーに問い合わせて、販売ができるか?一度会って説明したいと電話をしたことがあったのです。

 

しかし、そのメーカーさんは、「会社単位でないと取引できない!」と引きこもりの私を瞬殺したのです。それを覆す力も当時の私はなかったので、やはり起業は難しい・・・とあきらめてしまっていたのです。

 

 

 ・希望がみなぎる

もしかしたら私はこの「測る」という共通項を使って、その会社の就職に役立てることができるかもしれない!そうひらめき、すでに10枚程度書いていた企画書を、さらに練り込むことにしたのです。

 

絶望的な状況に一筋の光が舞い降りた瞬間でした。私は久しぶりに、「希望」という感覚を体に巡らせることができました。そして寝ずに企画書を書き続けたのです。 

 

 

 

 続く

 

 

 

 

**********************

当ブログでは、日常のコミュニケーションのコラムや対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服について興味がある方は参考にして頂けると幸いです。

 

・軽度対人恐怖時代    1~32

・引きこもりピークに   33~56

・フリーター時代     57~82

・2年間の会社員時代   83~128

 

**********************