読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期96 就職活動編14 煌びやかさとは無縁の地味な会社

対人恐怖症克服期

引きこもりからなんとか脱出した私は、就職活動をはじめました。そんな折、初めて就職したいと思える会社を見つけました。

 

 

しかし私はどう考えても、スペック的に圧倒的に不利でした。そこで

 

 

「精子量分析測定器」

 

 

という企画をひねり出し、30枚の対策を仕上げ、いざ面接会場に向かったのです。

 

 

・どこにでもある地味なビル

面接会場は要町という場所にありました。どこにでもありそうな雑多な街でした。駅から降りてその会社のビルにつくと、再びどこにでもありそうな、個性のない地味なビルが現れました。

 

 

その会社のフロアは、5階にありました。緊張しながら5階に降りました。エレベーターを開けた瞬間、本来なら廊下であるはずの場所に、環境系の商品がこれでもかというぐらい並べられていました。

 

 

商品が廊下中においてあり、壁のようになっていたのです。

 

 

整理整頓ができない会社だな・・・と感じると共に、私はその、接客態度のなっていない姿勢から不思議な居心地の良さを感じました。

 

 

・コミュニケーションを前面に押し出した会社はNG

コミュ障にとって、コミュニケーションを前面に押し出した会社というのは非常に敷居が高いのです。

 

綺麗なフロア

闊達な面接官

高そうなスーツを着た写真

おしゃれ感漂うフロア

 

 

・・・これらの因子が目の前にあると、「お前はここにはふさわしくない」と説教されてるような気分になるのです。

 

 

製造業やメーカーはその点、コミュニケーション以外の点も見てくれるような感覚がありました。おしゃれとは無縁の無骨な雰囲気が私の劣等感をどこか軽くしてくれたように感じていました。 

 

 

・恐怖突入

商品の壁を進み、いよいよ会社のドアの前に立つと、

 

「お・・お・・・恐れ入ります。本日面接に参りました川島です」

 

 

精いっぱいの声を出しました。 

 

 

対応をしてくれたのは小柄で高い声を出す、30代の女性でした。 

 

 

「こんにちは。こちらが面接会場となります。

 どうぞおかけください。」

 

 

実はこの女性、私の初めての私の上司となる方でした。面接の部屋はドアのすぐ近くにありました。この部屋もどこか野暮ったい雰囲気でした。

 

 

そしていよいよ面接がはじまったのです。 

 

 

続く

 

 

 

 

**********************

当ブログでは、日常のコミュニケーションのコラムや対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服について興味がある方は参考にして頂けると幸いです。

 

・軽度対人恐怖時代    1~32

・引きこもりピークに   33~56

・フリーター時代     57~82

・2年間の会社員時代   83~128

 

**********************