読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期110 突破口見つかる

対人恐怖症克服期110 突破口見つかる

 

 

引きこもりから脱出して、就職をした私は、早速追い込まれ始めました。それは就職先の語学力の高さです。英語、中国語がペラペラな方が多く、語学力が低い私は相当浮いていました。

 

さらには精密機械を扱っている会社なので、日本語ですら、ちんぷんかんぷでした。

 

 

例えば、

「センサをプローブに格納し、

 DETECTION モードの感知速度は1秒と

 高速で漏れを判定します」

 

 

こんな感じのやりとりが一日中続いているのです。理解不能な言語をずっと聞いていると、人間結構精神をやられてきます。

 

このまま漫然と仕事をしていると、語学力の無さ、製品の無理解が露呈して、会社的に居場所がなくなることが明白でした。

 

 

・麻雀の思考を活用する

このとき役にたったのが、またしても麻雀的な思考でした。麻雀は相対的なゲームです。必ずしも、「王道の手」が正着打にならないケースがあります。

 

例えばAさん、Bさん、Cさんが、「王道の手」を上がりにいくとします。するとAさん、Bさん、Cさんの欲しい牌が同じになるので、同じ牌の取り合いになり、結果的に誰もあがれないという現象がよく起こりるのです。

 

そこで麻雀では、Aさん、Bさん、Cさんが同じ趣向があるときは、別の手を狙いに行くという戦略が有効になることがあります。

 

 

・周りと逆を行く

自分の手が腐ってたら、別の変則手を上がりにいく。これは麻雀でいつも訓練してきたことでした。

 

これを会社に応用すると、

 

語学がみんな強い → だから語学力を高める!

 

では自分の価値を示すことができません。みんなが持っている価値はレッドオーシャンで競争が激しすぎるのです。そこで、入社早々私は語学とは別の価値を示すことができないか?考えるようになりました。

 

 

・他人との違いを模索する

入社1か月ぐらいたつと、有賀さんから会計の仕事も手伝わされるようになっていました。そこでわかったことは、 有賀さんは経理的な仕事が、ちんぷんかんぷん、だったのです。

 

 有賀さんは確かに、英語はペラペラ、中国語も操り、マナーも素晴らしく、いつもミニスカをはいてきてくれる才女です。しかし、なんらかの能力が高いということは、同時になんらかの能力を高める時間を失っているのです。

 

 

社長が後ろの席で、

「今月の損益分岐点、いくらかなあ・・・」

 

とかぼやいていても有賀さんはポカンとしているといいますか、「シカと」していました。それどころか有賀さんだけでなく、社内の誰ひとりとして、社長のつぶやきに反応しません。ただの独り言になってしまうのです。

 

 

社長は経営的な話ができないという状態にありました。

 

 

・突破口が見つかる

 

 (損益分岐点ぐらい誰か答えてやれよ・・・)

 

と感じた私は、思い切って、クルッと後ろを向きました。社長の目の前にいるので、クルッと回転するだけで速攻社長面談となります。

  

「社長・・・3年分の月次損益計算書見せてもらっても良いですか」

 

と言うと社長は

 

「おお・・いいよいいよ・・・」

 

 

と言って新人の私に面白がって見せてくれるのです。

 

損益分岐点ぐらいは、損益計算書を見れば、すぐに出せますので、2分ぐらいで計算しました。すると社長はえらく喜んでくれたのです。

 

 

私は

 

 

ここに活路があり!

 

 

っと直観的に判断しました。

 

 

続く

 

 

 

 

 

**********************

コミュニケーション能力も、1つ尖ったスキルがあると、キャラクターが定まりますし、会社で重宝されることが多いです。例えば、論理力だけは負けないとか、気遣いだけは負けない、相手の長所を見つける力だけは負けない・・・など。

 

もちろん最低限の基礎なコミュニケーション力は社会人として必要になります。

 

ある程度の基礎が固まったら、次の段階としてはどの能力を尖らせるか?考えていくと良いかもしれません。

***********************

 

 

 

 

**********************

当ブログでは、日常のコミュニケーションのコラムや対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服について興味がある方は参考にして頂けると幸いです。

 

・軽度対人恐怖時代    1~32

・引きこもりピークに   33~56

・フリーター時代     57~82

・2年間の会社員時代   83~128

 

**********************