読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期124  会社員編  粘り強さの勝利

対人恐怖症克服期124  会社員編 粘り強さの勝利

 

引きこもりから脱出し、就職することができた私は、サラリーマン生活を送っていました。当時私には会計士を目指している彼女がいました。そして合格発表の日を迎えたのです。

 

彼女の番号は1055番でした。 インターネットの画面にかじりつき、緊張しながら、番号を追っていきました。 

 

 

 

 1045

 

 

1048

 

 

1050

 

 

 1055

 

 

・価値観がひっくり返る

私はこの数字を見た瞬間、体中が痺れる感覚がありました。この感覚はある種の自己否定でした。それまでの私は「努力しても夢が叶うことはない」という感覚がありました。

 

頑張った会計士試験は落ちてしまった

野球に打ち込んでも結果が出なかった

大学受験も中途半端で結果が出なかった

対人恐怖になってしまい、大学では友達ができなかった

当たり前の青春をすることができなかった

 

 

 ・彼女への投影

私は彼女にも、夢は叶わないという世界観を投影していました。ダメなものはダメ・・無意識レベルでは合格するわけがない・・・と考えていたのです。

 

私の負け犬根性はそれほど体の奥底までしみ込んでいたのです。きっと結果が出ることはない・・・と言葉にせずとも、信じてしまっていました。

 

 

しかし、彼女は合格という、疑いようのない事実によって私の価値観を全否定したのです。「頑張ることで結果が出ることがある」。私の無意識に、彼女は新しい価値観を植え付けてくれたのです。

 

 

 

・一時の安心感

実際に彼女に会ってみると、嬉しさより安堵の気持ちの方が大きかったと思います。喜びを爆発させるというより、ホっとした表情でした。彼女らしい態度でした。

 

合格が決まってからは以前よりも会う回数が増えました。いままで行けなかった場所にも出かけるようになっていきました。お互い大変な時期を過ごした人間ですが、この時期だけは安心感のある時期を過ごすことができました。

 

 

・焦り 

ただ色々な場所に出かけつつも、私の中には煮え切らない感覚がありました。彼女の苦労が報われ、一緒に喜んでいる自分がいる一方で、ドロドロとした感情が蠢いていることがわかりました。

 

私にとって彼女は恋人であると同時に、自分との比較対象でした。合格し、輝ける未来が約束された彼女と比較して、「このままでいいのか?」という疑問が出始めたのです。

 

 

「彼女は戦って結果を出した。だけどお前はなんだ?戦ってないよな。」

 

こんな心の声が聞こえてきたのです。彼女は人生を賭けて一つの結果を出した。しかし、私はどこか戦っていない。戦ってもないから負けてもない。勝負すらできていない。

 

 

・8年、有言不実行 

彼女は私の中でとても大きな尺度になっていました。スタートラインは同じだったわけです。彼女は合格という夢を叶えた。しかし、私は独立するという、実体の無い空言によって自らを誤魔化し続けていました。いまだノラリクラリと時間を浪費していたのです。

 

私はもう24歳になっていました。最初に独立をしたいと考えて勉強をし始めてから、8年が過ぎていました。彼女の有言実行さに比べ、自分の嘘つき具合に段々と嫌気が刺してきたのです。

 

自分と戦って、結果を出した彼女

 

戦ってもいない自分

 

 

努力しても夢はかなわないという思い込みに自動操縦され、行動していない自分。その感情は段々と、大きくなっていきました。そして次第に戦っていない自分への怒りと発展していきました。

 

 

そして、24歳の秋頃、私は人生における重要な決断を下すことになります。そしてその決断により、ある意味で引きこもっていた時よりも先の見えない、どん底を体験することになるのです。

 

 

 

 

 

**********************

当ブログでは、日常のコミュニケーションのコラムや対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服について興味がある方は参考にして頂けると幸いです。

 

・軽度対人恐怖時代    1~32

・引きこもりピークに   33~56

・フリーター時代     57~82

・2年間の会社員時代   83~128

 

**********************