川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

コミュニケーション能力-講座の軌跡156 起業ニート編  批判→肯定ループが気持いい

コミュニケーション能力-講座の軌跡156 起業ニート編  批判→肯定ループが気持いい

 

 引きこもりから起業ニートになった私は、コミュニケーション講座を創るという目標を立てました。修行のため5万円の研修に参加すると、パワー系講師からスピーチをせよ!という課題が出されました。1巡目は大失敗・・・人格まで批判されました。

 

・スピーチ2巡目

1巡目のスピーチが終わると、2巡目のスピーチに突入しました。トップバッターは、「まじめ系サラリーマン」です。 まじめ系サラリーマンは、先ほどよりも感情をこめてスピーチをしていました。

 

 

しかし、講師の方は

 

「まだまだ!!もう1回!!」

 

とサラリーマンを煽ります。参加者も

 

「まだまだ出せる!頑張れ!」

 

と煽っていきます。スピーチは何度もやり直しとなりました。そして、スピーチが5回目を超えた頃・・・サラリーマンの様子がおかしくなります。

 

 

「わたしは!!!△××□□であります!!」

 

と半狂乱になり絶叫しはじめたのです。

 

 

すると講師の方は

 

「やったね!魂でたよ!」

 

とやっと褒めたたえたのです。講師はまじめ系サラリーマンを抱きしめました。私もなんだか感動してしまいました。

  

 

・世界の中心でスタ丼への愛を語る

そうしてついに私の番になりました。サラリーマンの方とお同じく、私への罵倒からはじまりました。

 

「まだまだ暗い!」

「かっこつけてる」

「腹から声をだして」

「きもちわるい←(これほんとに言われました笑)」

 

さんざん罵倒されると、私も意地になり、

 

「わたしは!!!すた丼への愛が△××□□であります!!」

 

と絶叫しました!するとどうも不思議な高揚感が体を支配しました。魂がでた!という手ごたえがありました。

 

 

すると講師の方が

「川島君ついに出たね!!おめでとう!」

とほめてくれましたアイドルも

 

「とても素敵でした!」

 

とほめてくれましいた。講師が私を抱き抱えてくれると、嬉しくて涙が出そうになりあした。どうも人間の精神というのは

 

 人格批判→人格肯定

 人格批判→人格肯定

 人格批判→人格肯定

 

というループを繰り返すと脳が焼かれておかしくなるようです。

 

そうして全員がスピーチを終えると、ワンデーセミナーは終了となりました。会場は、引退試合を終えた甲子園の如く、不思議な一体感に包まれていました。

 

 

・セカンドシーズンの説明

そうしてその空気のまま、講座は終わりとなりました。先生が退出すると、受付の女性が次の講座の説明をはじめました。

 

「本日は皆さん、おつかれさまでした。そう!人間って変われるのです。今日の講座はまだ序章に過ぎません。次回の講座はさらに心のブレーキを外すセミナーを行います。

 

通常ですと60万円なのですが、本日この場で決めて下さった方は、30万円となります。いかがでしょうか。」

 

すると、テニス焼けした男性と、メガネの男性、そしてアイドルが

 

「参加します!!」

 

と電光石火で述べました。

 

私も、

半額か・・・

修行だし・・・

高揚感も得られるし・・・

参加しようかな・・・

 

と感じていました。しかし、30万円はどう考えても大金です。この時脳裏をかすめたのが、何千枚と皿洗いをしたバイト時代でした。

対人恐怖症克服期72 皿洗いマシーン - 川島ブログ

 

時給800円で、30万円を貯めるには途方もない皿を洗わなくてはなりません。簡単に手放せない・・・私は冷静さを保ちました。

 

女性の勧誘は30分近く続きました。いかにそのセミナーがすごいかを力説してたのです。30分も経つと、先ほどの高揚感もだいぶ薄れ冷静になっていく自分がいました。

 

私の目が死んできていると判断したのか、セミナーはお開きとなりました。

 

受け付けの女性は、あと1週間以内であれば、40万円で受講できると、説明をしてくれました。まだ20万円の割り引きが効くとのことでした。

 

・魔のお茶会へ

そうして長い一日のセミナーが終わりました。精神的にすごく疲れて、ほっとした気持ちになりました。帰り支度を始めると、テニス焼けした男性が、

 

よかったらみんなでお茶をしませんか?

 

と声をかけてくれました。お茶会へは全員が参加するようでした。

 

もちろんアイドルも!

 

アイドルとの心のブレーキを外したいと考えた私は、当然参加の一手でありました。

 

しかし、このお茶会に参加することで私はさらなる泥沼引きずりこまれることになるのです。