川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期174 起業ニート編  7万円業者の罠

対人恐怖症克服期174 起業ニート編  7万円業者の罠

 

引きこもりから起業ニートになった私は、ダイレクトコミュニケーションを設立し、コミュニケーション講座を開講することにしました。しかし、お客様が1人も集まらない、彼女に愛想をつかされる、借金を背負いそうになる等々、いわゆる「起業失敗あるある」にハマりこんでしまいました。1ヶ月、失意のどん底まで落ちたあと、どうにか広告について考え始めたのです。

 

・7万円 業者に連絡

ホームページを探し続けると「7万円でホームページを作ります」という勇ましい業者を発見しました。サンプルサイトを見てみるとそれなりに綺麗なホームページが作成されていたのです。お客様の声も記載されています。

 

「売上が200%になりました!」

「来客数が毎月300名来るようになりました!」

「上場準備をはじめました!」

 

という煽りメッセージが並んでいます。今でこそこれらのメッセージは胡散臭いのですが、11年前はまだまだWEBの世界は未知数でした。IT長者が生まれている時代で、乗り遅れてはいけないという空気感がありました。私はその煽り広告を信用してしまいました。

 

→ホームページを作成する

→生徒さんが1000人集まる

→講義が大成功

→会社が有名になり女の子にモテモテ

→深田恭子が私に告白してくる

→深田恭子があーんしてくれる

 

f:id:direct-comm:20180216181137j:plain 

 

という妄想を頂いた私は、藁にも縋る思いで、さっそく連絡を取ってみました。業者に連絡を取ると、現在までに1000社以上のホームページを作成しているとのことでした。

 

ただし、やはり落とし穴があって、その後は毎月継続料で3万円がかかるとのことでした。なるほど、プリンターのように最初は安く販売をして、その後の継続料金で回収するビジネスモデルだな・・・

 

7万円のカラクリがなんとなくわかりました。しかし、初期投資を抑えられるのはやはり魅力です。私は10ページ分の企画を作り、7万円を振込みました。資金50万円の私にとっては身を削られる思いでした。

 

 

・1週間後に出来上がったもの・・・

1週間後・・・業者からついにメールがきました。もしかしたらこれで人生が変わるかもしれません。私はジャンボ宝くじの当選を待つような心境でした。

 

「TOPページの素案が出来上がりました。ご確認ください。」

 

私はドキドキしながら添付してあったページを見てみました。その先にあったものは・・・

 

f:id:direct-comm:20180323133844p:plain

 ワックル様 電話にて掲載許可済み 

 

 

サンプルのおしゃれなホームページとは似て非なる、デザイン性のかけらもない、極めて雑なホームページだったのです(上記のHPに近いです)。どう考えても、ホームページ初心者が、初めて作ったようなホームページをみて、私は、腰を抜かしました。ぱっと見て、これやお客様こないわ!と瞬殺できるものだったのです。当時のホームページを保存していなかったのが悔やまれます。。

 

・30箇所の修正点

さっそくWEB業界の洗礼を受けた私は、修正点を30箇所ぐらい記載して業者にメールをしました。なんせ、「修正には柔軟に応じます」と書いてくださっているのです。

 

頼むぜおい!会社潰れてしまうわ!

っと心のなかで笑えないツッコミをいれながら業者に送りました。

 

 

業者からの返信は・・・

信じられない内容たったのです。。