川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

コミュニケーション能力-講座の軌跡186 起業ニート編 蜘蛛の糸

コミュニケーション能力-講座の軌跡186 起業ニート編 蜘蛛の糸

 

引きこもりから起業ニートになった私は、コミュニケーション講座を開講することにしました。しかし、生徒さんが1人も集まらず、資金が枯渇してしまいました。借金の申し込みをするため、国の金融機関で面接をしたのですが、門前払いを受けてしまいました。

 

その後、フランクルの言葉に勇気をもらった私ですが、やはり帰宅すると逃れられない現実と向き合うことになりました。

 

 

国民生活金融公庫もダメだった・・・

残るは高利の消費者金融・・・

僕はどこまで落ちていくのか・・・

結局逃げ場はない・・・

 

 

私はいよいよ消費者金融から借金をする決意を固め、PCを開きました。

 

ブックマークした消費者金融のサイトを捜していると、

 

「ホームページアクセス数」

 

のブックマークが目に入りました。そういえば、ここ10日間、精神衛生上よくないので、自作サイトを見ることをやめていました。ダイコミュのホームページは閑古鳥の住処となっていたのです。

 

私は不意にアクセス数を確認してみようか・・・

 

と考えました。

 

深い意図はありませんでした。

 

どうせ変わってない・・・

 

と冷笑するような感覚でしょうか。とにかく私は溜息を吐きながら、自虐的、軽蔑の眼差しでアクセス数を調べてみたのです。

 

 

9月30日  32

10月1日  18

10月2日  

10月3日  28

10月4日  30

10月5日  19

10月6日  40

10月7日  21

10月8日  120

10月9日  157

 

10月10日 820

10月11日 789

 

・・・

 

・・・

 

 

 

あれ・・・

 

 

ん・・・?

 

 

なんだこれ??

 

 

820人?

 

 

789人?

 

 

ええ・・・????

 

 

なんで???

 

 

わが目を疑いました。何度見ても、アクセス数は800近辺まで伸びているのです。

 

なんだこれ??

 

バグったのか??

 

 

頭の中は混乱していました。

 

何が起こったのか??

 

理解できませんでした。

 

 

私はゆっくりと深呼吸をしました。

 

 

落ち着け・・・

落ち着け・・・

 

 

 

そして、まず私が狙っていた

 

 

「コミュニケーション能力」

 

という単語をYAHOOで検索してみました。

 

すると、なぜか検索順位が

 

  1位

 

にサイトが来ていたのです。

 

 

はあ・・・嘘だろ・・・おい。

 

 

何度も何度も検索したのですが、

 

 

間違いなく 

 

 

「コミュニケーション能力」 

で1位になっています。

 

 

それどころか、

 

「コミュニケーション 2位」

「コミュニケーションスキル3位」

「コミュニケーション講座 1位」

 

と、コミュニケーションに関わる検索のことごとくが上位を取っていたのです。

 

 

いやいや・・・

 

ありえない・・・

 

ありえないって・・・

 

 

 

私はPCにへばりついて

この奇跡を確認しました。

 

 

しかし、

何度検索しても・・・

何度検索しても・・・

 

 

 

私のサイトは

「コミュニケーション能力」

と検索すると1位に表示されていました。

 

 

 

このとき私の額に、

妙な脂汗が出てきました。

余りにも大きなチャンスが来ると

人間は別の意味でプレッシャーを感じるのです。

 

 

この出来事は私にとって間違いなく

蜘蛛の糸

でした。

 

f:id:direct-comm:20180508104122p:plain

 © ハヤシユカ様(イラスト掲載許可を頂きました!ありがとうございます サイトはこちら

 

 

地獄の淵でうごめいている私にとって

絶対に逃してはならない

人生で唯一のチャンスでした。

 

 

f:id:direct-comm:20180508104414p:plain

© ハヤシユカ様

 

 

うそだろおい・・・

 

 

信じられない・・・ 

 

 

だけとどう見ても現実だ・・・

 

 

話ができすぎだ・・・

 

 

でもこのチャンスは絶対に生かさないと・・・

 

 

 ついさっきまで

借金を覚悟していたのに、

私は人生最大のチャンスをついに手にしたのです。

 

 

しかし、それは蜘蛛の糸のように

裏付けがはっきりしない

気まぐれなチャンスでした。

 

 

なぜ、1位なのか全くもって意味不明なのです。

 

 

それはそのまま、

いつ糸が切れてもおかしくない

という裏返しでもあるのです。

 

 

実際、小説では犍陀多が登っている最中に

蜘蛛の糸は切れてしまいます。 

 

 

犍陀多になってはいけない。

絶対に登りきるんだ・・・

 

 

私はパソコンにへばりつき、

この最大のチャンスを生かすために

サイトをさらに改良することにしたのです。

 

  

こんなチャンスは人生で二度と訪れない・・・

絶対に登りきるんだ・・・

 

 

私は、

心を込めて、

願いを込めて

不眠不休で自作サイトの

改良を重ねました。

 

 

 

 

***********************

私は芥川龍之介が好きで、蜘蛛の糸を読んでから、5年近くゲン担ぎで、みみずや、ありんこや、カメムシをたくさん助けてきました。もしかしたらお釈迦様が本当に助けてくれたのかもしれません笑。いまでも、自分のおまじないとして、小さな虫はなるべく助けるようにしています。

 

*****蜘蛛の糸 芥川龍之介*****

御釈迦様はその池のふちに御佇おたたずみになって、水のおもておおっている蓮の葉の間から、ふと下の容子ようすを御覧になりました。この極楽の蓮池の下は、丁度地獄じごくの底に当って居りますから、水晶すいしようのような水を透き徹して、三途さんずの河や針の山の景色が、丁度のぞ眼鏡めがねを見るように、はっきりと見えるのでございます。
 するとその地獄の底に、※(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多かんだたと云う男が一人、ほかの罪人と一しょにうごめいている姿が、御眼に止まりました。この※(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたり、いろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが、それでもたった一つ、善い事を致した覚えがございます。と申しますのは、ある時この男が深い林の中を通りますと、小さな蜘蛛くもが一匹、路ばたをって行くのが見えました。そこで※(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて、踏み殺そうと致しましたが、「いや、いや、これも小さいながら、命のあるものに違いない。その命を無暗むやみにとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と、こう急に思い返して、とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからでございます。
 御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この※(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました。そうしてそれだけの善い事をしたむくいには、出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い、側を見ますと、翡翠ひすいのような色をした蓮の葉の上に、極楽の蜘蛛が一匹、美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸をそっと御手に御取りになって、玉のような白蓮しらはすの間から、遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを御おろしなさいました。

 

**********************

 

 

次のコラム

コミュニケーション能力-講座の軌跡187 起業ニート編 ようこそダイコミュへ - 川島ブログ