川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

コミュニケーション能力-講座の軌跡192 あがり症編 はじめての生徒さんと共鳴

コミュニケーション能力-講座の軌跡192-あがり症編 はじめての生徒さんと共鳴

 元引きこもりの私は、25歳の頃に400万円を貯め、コミュニケーション講座を開催することにしました。緊張MAXで迎えた当日、事前お茶会の会場に着くと、外から中をうかがう男性がいました。

 

 

その男性は色白で背が高い方でした。

 

ああ・・・生徒さんだ!

 

と直感しました。

 

つつつ・・・ついに生徒さんが来た・・・!!

 

どうしよう・・・!!

 

 

 頭の中は緊張と嬉しさでわけのわからない状態になっていました・・・

 


生徒さんはキョロキョロしながら、私を見つけました。そして少し微笑みながら喫茶店に入ってきました。

 


川島
「こ、こ、こ、こんにちは・・・・今日講座にご参加の方ですか?」

 


Hさん
「そ、そ、そ、そうです。はじめまして。」

 


川島
「は、は、は、はじめまして。川島です。今日はよろしくお願いします。」

 

Hさん
「よ、よろしくお願いします・・・」

 

 

こんな感じで、やり取りがはじまりました。

 

 

1人目の生徒さんは、とても笑顔が優しい方でした。穏やかな方で、安心しました。Hさんと、3分ぐらい談笑すると、少しだけ緊張がほぐれたように感じました。

 

 

Hさんと少し話していると、同じようにキョロキョロと仲を伺ってから、続々と生徒さんが輪に加わっていきました。

 

 

最終的に4名の方が講座前にお茶会に参加してくれました。全員男性でした。

 

・Hさん

IT系  笑顔が穏やか 
・TKくん

学生さん。ダイコミュでバイトをすることに 

・TOさん 

控えめなイケメン。後にダイコミュのイベントなど率先して企画してくださる

・Kさん  

IT系 仕事できそう!知的な方 後にダイコミュの携帯電話のサイトの試作をしてくれる

 

年齢層は20代の方が多く、私と3歳前後の方ばかりでした。

 

 

(実はこのお茶会に参加してくださった4名のうち3名が、その後ダイコミュを手伝ってくれるようになります。この時は想像すらしていませんでした。このお話は続編でお伝えします。)

 


緊張していたので、ほとんど何を話していたか覚えていませんでしたが、表情が絶望的に硬かったことは覚えています。

 


多分生徒さんから見て
「え??まじでこの人が先生!?
というような気持になったと思います。

 

 

私から見た生徒さんの印象は
「私と似ている」
というのが基本にあったと思います。対人恐怖は共鳴すると言いますが、どこか同じ波長がある気がしました。

 


お茶会は決して盛り上がったとは言えませんでした。私も含め、お茶会は周りからみればどこか陰鬱な集団に見えたと思いますが、それでもどこか同質性があり、緊張の中にも妙な安心感があったと思います。

 

そうしてお茶会の時間が過ぎると、いよいよ講座の時間が迫ってきました。

 


「そろそろ時間ですね・・・
 会場に向かいましょうか。」

 


私はそう告げると、初めての生徒さんと一緒に吉祥寺の会場に向かったのです。

 

 

喫茶店でいくばくかほぐれた緊張が一気に、襲い掛かってきました。

 

 

 

***************************
私川島達史は元引きこもりニートです。対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服、どうして引きこもりがコミュニケーション講座を創ったのか?興味がある方は是非ご一読ください。


・軽度対人恐怖時代    1~32
・引きこもりピークに   33~56
・フリーター時代     57~82
・2年間の会社員時代   83~128
・起業ニート時代     129~187