川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

コミュニケーション能力-講座の軌跡196 あがり症編

コミュニケーション能力-講座の軌跡196  あがり症編

 

 元引きこもりの私は、25歳の頃に400万円を貯め、コミュニケーション講座を開催することにしました。しかし、講義の冒頭、あがり過ぎて、ついには固まってしまったのです!

 

・昇天モード

あがりは先ほどのトイレで体感したものよりも、さらに大きなものでした。あきらかに私の人生の中で最大のものでした。


私は為すすべなく呆然と立ち尽くし、ただ自分の状況を眺めているしかない状態になっていました。

 


あがりが極限に達すると、考えることすらできなくなります。苦しみが一回転して、昇天しているような感覚になります。

 

あがりきると、現実感が全くなくなり、時間感覚がなくなっていました。

 

幽体離脱とか走馬燈とかそんな感覚です。とにかく自分が自分でないような状態になっていました。

 

 

・鮮明な生徒さんの顔

生徒さんは、笑うでもなく、私に声をかけるでもなく、ただただ、そのまま椅子に座ってポカーンと私を眺めていました。その表情を今でも鮮明に覚えています。

 

 

このとき生徒さんがどんな気持ちになっていたのか?

 

想像するのは難しいですが、少なからず、度肝を抜かれたことでしょう。

 


なんだこれは??
コミュ力を改善しに来たのに
講師が全力であがっているではないか??

 

普通はこう考えるでしょう。

 

 

私は、

もう次はないだろうなあ・・・

 

とふわふわと感じ取っていました。

 

 

私は時間感覚を失ったまま、
酸欠になった金魚のごとく、
口をパクパクさせ続けました

 

f:id:direct-comm:20180906151543p:plain

 

 

 

 

*******************
当ブログを執筆している川島達史は
コミュニケーション講座を開催しています♪
当ブログを読んで面白そうだなあ~
と感じた方のご来場をお待ちしています!

 

f:id:direct-comm:20171020012636j:plain