川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

コミュニケーション能力-講座の軌跡197 あがり症編 三途の川でコーチング

コミュニケーション能力-講座の軌跡197   あがり症編 三途の川でコーチング

 

 

 元引きこもりの私は、25歳の頃にコミュニケーション講座を開催することにしました。いざ7名の生徒さんを目の前にすると、

 

 

講師がいきなりあがり倒す!

 

 

という離れ技を生徒さんに披露しました。

 

*今回のブログは完全に遊んでしまっています。

 時間の無駄になることをご了承ください。

 

 

私は、人生最大のあがりへ対処出来ず、気絶しかけ、三途の川に到達しました。三途の川には地蔵菩薩がおりました。六文銭を渡し、船に乗り、大きな川をゆらゆらと渡っていきました。

 

f:id:direct-comm:20180911122339j:plain

 

そうして進んでいきますと、三途の川の向こう側が見えてきました。そう!彼岸(あの世)です。

 

 

やっと苦しみから解放される・・・私は人生ろくなことがありませんでした。対人恐怖、赤面恐怖、視線恐怖、引きこもり、大事な人を失う、お金を失う、モテない・・・この世の苦しみをもう味わなくてよい・・・

 

 

よかった!楽になれる!

 

そう安心していました。

 

 

そうしていよいよ、岸にたどり着き、降りようとしたところ、何かが聞こえてきました。

 

 

それは

「こっちにきちゃだめ!」

という声でした。

 

 

霧でぼやける向こう側を見ると、それは私が今まで、何気なく助けてきた、アリやミミズたちがいることに気が付きました。

 

 

f:id:direct-comm:20180911122405p:plain

 

私は、中学生ぐらいから小さな虫を助ける習性があったのですが、此岸には私が助けてきた小さな虫が、こっちに来るなというのです(コミュニケーション能力-講座の軌跡149 起業ニート編 もがき - 川島ブログ)

 

 

 私は小さな虫たちに問いかけました。

 

「どうして、そっちにいっちゃだめなんだい?」

 

虫達

「君にはやり残したことがあるだろ?こっちにはいつでも来れるんだから、やるべきことをやってからきなさい。」

 

 

「そうは言っても、帰ったところで、ただでさえ人と話すのが怖いのに・・・経営とか、講師とか、大それたこと無理なんじゃないか・・・もう疲れたよ・・・彼女もいないし・・・しんどすぎます・・・」


虫達

「まだ初回の講義だろ・・・一度しかない人生なんだから、精一杯やってからまたおいで。やるだけやってダメでも、きっと後悔しないでこっちで過ごせるさ。何もしないで諦めたらそれこそずっと後悔するぞ。

 

 

「そうかあ・・・」

 

 

確かにまだ何もできていないからなあ・・・」

 

虫達

「もしかしたら将来、パフュームのかしゆかみたいなかわいい彼女が(0.0001%ぐらいの確率で)できるかもしれないぞ!言っておくがこっちには、ばあさんしかいないからな!

 

「ばあさんしかいないの?それは・・・きつい・・・か、かしゆかかあ・・・かしゆかとデートしたいな・・・

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・」

  

 

「わかったよ。怖いけどまた戻ることにするよ・・・

 

 

こうして私は、三途の川まで、逃走したのですが、かしゆかとというビックワードに自己啓発され、面舵一杯、引き返すことにしたのです。

 

そうして、どうにか此岸(現世)にたどり着き、我に返ることができたのです。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

我に返ると、目の前に、心配そう?に私を眺めている生徒さんたちがいました。

  

 

 

*******************

話が前に進まなくてすいません。。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。