川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

コミュニケーション能力コラム41 水清ければ魚棲まず 

コミュニケーション能力コラム41 水清ければ魚住まず 

 

 

「水清ければ魚すまず(みずきよければうおすまず)」

 

という諺が気に入っています。綺麗過ぎる水に魚が棲みつかないのと同じように、あまりにも潔白な人間だと、人は離れていくという例えです。確か孔子が言っていた言葉だと思います。

 

コミュニケーションにも同じことが言えると思います。全部生活を完璧にしてしまうと、自分も家族も友人も窒息してしまうんですよね。ですので多少のだらしなさであったり、いい加減さというのは、(まあまあ)魅力の一つになるのではないかと感じています。

 

出典を忘れてしまいましたが(おいおい)、こんな心理学の実験がありました。

 

 

完璧にスピーチをする人

あがってスピーチする人

 

両方のスピーチを見た時に、

「どちらに好感を持ちましたか?」

と質問しました。すると統計的にあがりながらスピーチをした方の方が好感をもたれたのです。すいません出典見つかったら報告します。

 

 

私自身、体感的にも同じ傾向があります。友人でキャバクラ嬢に貢いでかなりの金額を貢いでしまった方がいました。女性からすると敬遠されてしまうかもしれませんが、男同士であれば、なんだか人間らしいと言いますか、魅力的に感じるのですね。不思議なものですが。

 

社会的にも、私が生まれた頃よりも、コンプライアンスが進んできていますね。昔は、皆そこらじゅうでタバコを吸いまくっていました。暴走族がまだ結構いましたね。電波少年で猿岩石が餓死寸前になっていたり、結構むちゃくちゃでした。

 

昔が良かったかと言えば、タバコも暴走族もない今の方がいいとは思いますが、どこかワクワク感ない感じがあるとも思います。今は日本全体が潔白化しています。少なくともオリンピックが終わるまでは潔癖化が続きそうですね。

 

個人的にはコンビニは頑張っている(?)なあと思います。未だにコンビニの書籍コーナーでは、パンチラしている女の子のエッチな雑誌が目につきます。18歳禁止!!とか書いてあるのに、全然目に入ってきます。

 

コンビニなんて大手の会社が運営していてコンプライアンスガチガチっぽいのに、あの一角だけ異様です。ですがあの濁り加減が味があっていいのかもしれません。

 

予想ですが、社会って、コンプライアンスの締め付けが厳しい時期と、逆に緩まる時期が交互に来るのではないかと考えています。みんな窒息しそうになって、どこかのタイミングで、緩くなる時期がくるのではないかなと感じています。

 

個人レベルでは、水は濁り過ぎると誰も寄り付かなくなってしまいますが、適度に濁っているのはOkだということです。弱点は意外と他人から見たら愛嬌であったり、心地よい魅力の1つであったりもするのです。

 

ぜひ弱点のある人間であってほしいなと感じます。最も私自身は元々、弱点だらけなので心配する必要はないですが笑

 

 

 

新幹線と富士山と外国人

新幹線と富士山と外国人

 

水曜日は名古屋で企業研修でした。移動は新幹線です。新幹線に乗る人ならわかると思いますが、満席になるのはいつも富士山側の席です。みんな富士山を見るのを楽しみにしているんですよね。

 

f:id:direct-comm:20170810205954p:plain

 

でも旅行に来ている外国の方は、静岡にいるのに富士山を完全スルーしていることがよくあります。 単純に富士山が見えることを知らないのだと思います。

 

 

んでスルーしていると、

どうしても我慢できなくなってきます!!

 

おいおい!iPhoneいじっている場合じゃないっすよ!!

 

富士山ですよ!富士山!!

 

とムズムズしてきます。

 

 

んで大抵、我慢の限界を超えて

声をかけてしまいます!!

 

 

エクスキューズミー

LOOK LOOK!

マウントフジ!!

 

 

と声をかけます。するとほぼ100%旅行者の方は感動してくれます。

そりゃああんなに美しい山ですものね。

 

先日もタイ人の集団の観光客がいたのですが、誰一人として気が付いていなかったのです!我慢できず、声をかけたらら、みんな写真をとっていました。

 

 

というわけで良かったら皆さんも

外国人の方で富士山に気が付いていなかったら

是非教えてください♪

 

 

場内アナウンスでも一言あれば

いいのになあ~と感じています。

 

 

 

 

 

 

 

倉吉のばあちゃんち

倉吉のばあちゃんち

 

 

6月、実習の合間を縫って、強行軍で倉吉に帰っていました。何度帰っても本当にすばらしい場所です。蛍もしっかりみてきました。今年は寒かったのか、30匹ぐらいしかいなくてちょっと寂しかったですがきれいでした。

 

倉吉では、ばあちゃんちしか茅葺屋根の家はないそうです。維持費が大変みたいですが、ずっと存在し続けてほしいです。

 

f:id:direct-comm:20170806174115j:plain

 

f:id:direct-comm:20170806174146j:plain

 

当たり前ですが、ばあちゃんは私が生まれてからずっとばあちゃんです。なんかあまり変化しません笑 20年ぐらい前と同じなんじゃないか?と錯覚してしまいます。ほんとに年を取っているんですかね。

 

もう90歳ぐらいですがめちゃくちゃ元気です。

私も90までダイコミュできるかな笑

 

 

 

今後の予定あれこれ

今後の予定あれこれ

 

連載が一旦終わって好きなようにサクサクかけるのが嬉しいです笑

さて!現時点でほぼ決まっているダイコミュの予定をお伝えします。

 

① 絵画療法

8月13日 9月3日 に大川先生による絵画療法があります。大川先生は個人的に心理学の基礎を教えてくれた心の師匠です。絵画療法は自分の無意識を知るいい機会です。良かったらご参加ください♪8月13日は8割予約済み、9月3日は半分ぐらいという状況です。

 

関東短期集中講座「心の声に耳を傾けるキッカケを作ろう 夏の絵画療法講座」

 

 

② 日光江戸村

11月3日に日光江戸村に行きたいと考えています。去年横浜のなおさんが提案してくれました!バスで40人前後になるかなあ~。楽しみです。

 

③ 未成年向け講座スタート

11月からついに未成年向け講座を開催することになりました。本当に問い合わせが多く、社会的な需要を鑑みて決定しました。基本は成人向けの内容がベースです。若年層向けにコミュニケーションとは何かを考えてもらう場にする予定です。講師は亀井先生で、明治大学で開催します。

 

④ 運動会+忘年会

毎年恒例の運動会+忘年会を今年も開催します。12月30日になる予定です。今年のコミュニケーションの振り返りをして、その後は皆で飲み会です。いいことも、悪いことも飲んで吐き出しましょう。

 

⑤ 共感力を高める 短期講座

来年の1月ぐらいに竹元先生に「共感」をテーマにしたワークをお願いすることになりました。共感ってそもそもどんな意味があるのか?共感力を高めるにはどうすればいいか?他人に興味を持つには?などお伝えします。

 

7月30日 文化祭は大成功と言える

7月30日 文化祭は大成功と言える

 

先日ダイコミュ初の文化祭を開催しました!参加者は全部で83名でした♪音楽あり、笑いありで個人的にめちゃめちゃ楽しかったです。いやあ・・・様子見で来なかった方くればよかったのに~!!とマジで思います。今年来れなかった方、来年また来てくださいね。

 

以下時系列で感想を述べます。

 

 

13:00~13:20 
「みんなで歌おうウクレレと」 byぽん 

 

ぽんさんの暖かさにみんな持っていけれていましたね!トップバッターとして一番良かった気がします。歌詞付きで歌いやすかったです!

 


13:30~13:50 
「競馬の歴史と楽しみ方」 byおしょう 

 

騎手のコスチュームに身を包んだおしょうさん!競馬の魅力を汗だくになりながら情熱的に解説して頂きました♪来年は有名レースをみんなで予想したりしたいなあ~

 

13:50~14:10 
「ロボットの仕組みと原理」 
 byマーベリック けいさん みなみ 

 

〇〇生のマーベリックさんによるハイパープレゼン!頭が良い人の脳の中が見れた気がします。ロボット体操もできて?気持ちよったです。一応今回で区切り宣言を出しておられましたが、98%の確率でいずれ戻ってこられると信じています。子育てが一段したらまた!

 


14:15~14:35 
「しくじりすぎ先生 」  Byあつし 

今回一番丸出しでプレゼンして頂いたあつしさん!女性が引いていようが我が道を貫いた男気を見せて頂いて一周廻ってモテるんじゃないかと感じています。「続しくじり先生~私を変えた1人の女性~」を期待しています

 


14:40~15:05 
「和洋の弦楽器で合奏しよう♪ 
―和楽器バンドを目指して」 
Byゆきか ワッチ さくらこ  

ダイコミュの中でも普通の人達による演奏でした。個人的にワッチさんがイケメン過ぎて抱きしめたかったです笑 飲み会でさくらこさんと隣になり意外な職業で話がはずみました。ゆきかさんは、スタイルがよくギターが似合ってたなあ

 


小休止

15:40~16:10 
「二胡の演奏」  
 By みさき 

 

クオリティが高いみさきさんの二胡の演奏でした。ギャラが払えなくてすいません。。というぐらいプロな演奏過ぎてみんな、いい意味で言葉にならない感動に酔いしれました。youtubeで聞きたいぐらいです!

 

16:15~16:35 
「元半引きこもりの男がどうやってコミュニケーション力を改善してきたか 」 
  Byたくみ 

 

もと?ダイコミュのバイト君のたくみくんがプレゼンしてくれました。たくみくんはほんと努力家で私よりも努力しているじゃないかというぐらい、持続して様々なチャレンジを続けています。プレゼンもほんとうまいですね。生徒さんも触発されたんじゃないかな。



16:45~17:10 
「ダイコミュメンバーでバンド演奏」 

Byゴンベ ごんぞう Q太 ガーリック 
ほんむら はぎちゃさん 

 

エネルギッシュな演奏を爆発させたバンド演奏でした!短期間でここまで仕上げてくるなんて頭が下がります!様々な教室の方が協力して作りあげた素敵さもありました。もう話すことありすぎて逆に書けない笑 感動してしまいました。

 


17時20~:17:50 
「くわさん劇団」  
Byくわさんと社会人基礎講座中心メンバー10名 

 

オオトリはくわさん劇団でした♪講座の内容も使って下さったりして、ちゃんと前振りが聴いた、じんわりしつつ、笑える素敵な劇でした。会場が何度も大爆笑していましたね。くわさんが土台から頑張ってくださったのが伝わってきました。もう1回みたいなあ~ 

 

 

 今回の文化祭は1回目ということもあり、もう開催できればOkぐらいに考えていたのですが、予想以上に面白かったです。なんというか人間の幅というか価値を感じたイベントでした。「文化」の良いところは、人間の諸活動のすべてを見直して、価値に変換できるところにあると考えています。

 

皆さんの新しい一面が見れてうれしかったです。ダイコミュが存在する限りは文化祭毎年絶対開催したいと思います!1回大会を支えて下さった、参加者、アシスタントの方、観客の方、ありがとうございました!!

 

 

 

 

対人恐怖症克服期148 起業迷走編 自分との約束

対人恐怖症克服期148 起業迷走編 

 

元引きこもりの私は、現実逃避の手段としてタイへ行くことにしました。アユタヤの農家と出会い、ついに私は「顔と顔を合わせたコミュニケーション」が生涯をかける仕事だと確信しました。

 

 

行動は早いに越したことはありません。さっそく私は日本に帰国をして、今後のやるべき基本原則を考えました。

 

① 日本一、勉強すること

まず何よりも、勉強を鬼のようにするということでした。1日8時間の勉強と、実践練習を2時間を自分の課題としました。コミュニケーションという分野においては、日本一の知識量を持つことを目標にしました。

 

② 絶対にあきらめないこと 

事業に対する姿勢としては絶対にあきらめないことを決めました。どんなに苦しい状態になっても、やり遂げる覚悟を心に決めました。文字通り人生をかける決意を固めました。方向転換は生涯しないことを誓いました。

 

③ 誠実に事業を行う

私はこれまでの人生、逃げたり、誤魔化したりする人生を歩んできました。能力の限界もあります。それでもこの事業に対してだけは、嘘をつかず、真摯に向き合い、正面からぶつかろうと決意しました。

 

この3つの原則を起業をしてから毎日できたわけではありません。しかし、迷った時や、心が折れそうになったときは、いつも思い出しながら仕事をしていました。

 

 

3つの原則をたてたあとは、さっそく次の日から勉強を始めました。コミュニケーションに関する、分野は本当に幅広く果てしない作業となります。とにかかく関連しそうな本や論文を片っ端から集めて、毎日読む生活をはじめたのです・・・・

 

しかし、その後1年近く、実際に起業することの厳しさを痛感することになります。そもそも「コミュニケーション」の分野で生計を立てていくのは非常に難しく、貯金が激減していきました。

 

およそ私はこの事業で会社を起こすと決めてから実に貯金の95%を失うことになります。そしてなにより、苛立ちの日々の中で我を失い、彼女からの別れを切り出されることになるのです。

 

 

「講師修行編」つづく

 

 

 

********************************

起業迷走編はここで終了となります。ここまで読んで頂きありがとうございました(^^)次回は来月から、「講師修行編」を連載予定です♪ しかし、全然進みません笑 早く10年後に追いつきたいのですが。。

 

このペースだけ現実に追いつくのに3年ぐらいかかりそうだなあ。まあマイペースで書いていきます。

********************************

 

 

 

 

 

 

対人恐怖症克服期147 起業迷走編 辿り着いた答え

対人恐怖症克服期147 起業迷走編 辿り着いた答え

 

元引きこもりの私は、現実逃避の手段としてタイへ行くことにしました。アユタヤの寺院を巡りながら本当にすべき仕事は何か?を考え続けていました。結局、答えは出ませんでした。それでも答えに近づいているという手応えを感じていました。資金が尽きかけていた私は、とりあえずバンコクに戻ることにしました。

 

帰りも、ドアの無い貨物列車を選びました。貨物列車に乗り込むと、椅子がありません。平べったい床に、地元の人が雑然と座り込んでいました。みんな商売をしているようで、野菜や商品のようなものを電車に持ち込んでいました。

 

電車に乗り込んでいる乗客は、全員タイ人でした。外国人はいません。日本人の私はかなり目立っていたと思います。 

 

 

・視線を感じる 

タイの貨物列車のドアの無い窓から見える美しい景色を眺めていると、ふと近くに30代中盤ぐらいのタイ人の男性がいることに気が付きました。たくさんの果物や野菜を持っていたので、バンコクに行商にいく農家の方だったと思います。

 

その男性はどうも私に興味を持っているらしく、ちらちらとこちらを見ていました。そこで私は、このタイ人の男性に、声をかけました。英語は通じませんでした。そこで、私は観光ガイドの巻末についていた、タイ語の辞書を片手に会話をすることにしました。

 

 

サワディーカップ・・

 

と話かけました。

タイ人の男性はにっこりと

 

サワディーカップ

 

と挨拶をしてくれました。

 

挨拶の後は

  

どこから来たのか?

 

タイのどこをまわったのか?

 

なにをたべたのか?

 

 

辞書を片手に

一問一答の会話が続いていきました。

 

 

・幸せとは何か?

30分ぐらい会話をしたころでしょうか。

ふいにタイ人の男性が

 

 

タイ人が私の辞書を指さし、

お金 多い

という単語を示しました

 

 

君は日本人なのだからお金持ちなのか?

 

 

という質問なのだと思いました。

 

 

これは困りました。確かに私は現在無職でしたが、日本に帰れば多少なりとも事業資金をためていました。日本に帰れば、どうということもない金額、それでもタイの物価からすればお金もちの部類に入るでしょう。しかし、私はお金持ちという感覚は全然ありませんでした。ですので、

 

NO

 

と答えましした。

 

 

タイ人の質問は続きました。

 

 

幸せか?

 

 

という質問でした。私は幸せかと言われれば、幸せと言い切れることはできませんでした。今の自分の状況を幸せなど到底言い切れるものではありませんでした。私は困りながら、NOと答えました。

 

 

そうして私は逆に、タイ人に

 

幸せか?

 

 

と聞き返しました。そうすると、タイ人は満面の笑みで

 

 

yes!

 

 

と答えたのです。本当にこのときの笑顔を忘れることはできません。その笑顔は確信に満ちていました。

 

タイ人は続けました。

 

彼は貨物列車の奥の方を指を指したのです。

 

 

そこには、

 

 

彼の奥さん、小さな娘、商売仲間がいました

そして、彼は小さな娘を呼び寄せ

娘を嬉しそうに抱っこしたのです

 

 

・それははじめてみた光景ではなかった

 

私はこのとき、全ての答えがわかりました。

 

今までの人生の全てがつながった気がしたのです。

 

 

その光景は実ははじめてみた光景ではなかったのです

それの光景は起業を決意したきっかけと全く同じだったのです

 

 

************************::

対人恐怖症克服期14 半分は逃げるため-独立を意識 - 川島ブログ

お店には走り回っているオヤジの娘がいました。娘は商売を邪魔してオヤジにちょっかいを出します。オヤジは文句を言いながらも嬉しそうに抱っこしていました。また、近所の主婦から好かれているようで、冗談を言い合ったり、世間話をしていました。 

お世辞にもその八百屋はもうかっているという感じではありませんでした。しかし、そして近所の主婦と冗談を言い合い、娘が足にかきついているオヤジの表情はとてもにこやかでした。

目の前にいるちょっと小汚いオヤジが、私にとってとはても現実的で、血肉化された生々しい生き方をしていると感じたのです。

 私はこの時から、「自分で仕事をする」ということに興味と憧れを持つようになりました。

 ************************::

 

 八百屋のオヤジの幸せそうな表情、

遠く離れたタイの男性の幸せそうな表情、

それはどこの国であろうが人種であろうが

不変的で本質的なものでした。

 

 

人間の幸せは、

 

 

人と人とが顔を合わせた暖かいコミュニケーションの中にある

 

 

と確信したのです。人の幸せは人との繋がりにある。暖かい人間関係にある。人間関係は人と人との暖かいコミュニケーションのから生まれる。僕が一度しかない人生で生涯かけてやるべき仕事は

 

「顔と顔を合わせた暖かいコミュニケーションのある社会を創造すること」

 

であることを悟ったのです。  

 

 

・最初に答えは出ていた

「繋がりを求めて起業を決意した」最初から私は、この仕事に巡り合うために起業を決意していたのです。そんな当たり前のことにやっとやっと遠回りして気が付くことができたのです。

 

引きこもりになったことも、私の必然でした。この仕事をする上での修行だったのだと感じるようになりました。人生のあらゆることが、コミュニケーションという仕事のための土台になっていることがわかったのです。

 

私はやっと5つの条件を満たす仕事に巡り合えた気がしました。こうして私は8年かけて考えても出なかった答えにやっとたどりついたのでした。 

 

 

私は答えを下さったタイの国や人たちに感謝をして、

早速帰国し、今後の事業計画を練ることにしました。

 

 

(迷走編は次回で最終回です)