川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期161 起業ニート編  コミュニケーション業界の闇

対人恐怖症克服期161 起業ニート編  コミュニケーション業界の闇


引きこもりから起業ニートになった私は、コミュニケーション講座を創るという目標を立てました。修行として初めての講座に参加すると、さくらの女の子に高額のセミナーに勧誘されてしまいました。私はコミュニケーション講座の業界について、実体がどのようになっているのか?調査を続けました。結果的に、1か月で8講座あまり、総額50万円を使ってしまいました。

 

様々な講座に参加をしてみて

 

マジで真っ黒だな・・・・

 

そう感じました。コミュニケーション系の講座はかなりの部分でグレーなビジネスが横行していることがわかりました。

 

 

特徴としては以下が挙げられます

① 資格とれまっせ!

セミナーさえ受ければ無試験で資格が発行される。やたらかっこいい資格がもらえる。しかし、実体はほぼ何も勉強していない。

 

② 人生変われまっせ!

「人生が変わる」「性格が変わる」「ミラクル」「マジック」など一発逆転ワードを多用する。ビックワードを多用する。大概根拠がない。

 

③ 3ステップでハメる

最初は3~5万、次が30万、その次が150~300万とステップアップする。なぜかホームページで代金が明示されていない。

  

④ 無料  カウンセリング

無料カウンセリングと謳い、個室に閉じ込め、営業マンにひたすら勧誘される。

 

これらのこの啓発系ビジネスモデルは割と使い古された手法で、現在でもかなりの数形を変えて生き残っています。法律的には問題ないのですが、やはり倫理的に問題のある手法だと感じました。

 

もし私がひきこもりの時代に勉強をしないで、これらの講座に出ていたら、誤った道を進んでいたかもしれません。お金のために悩みが利用されている気がしてとても悲しい気持になりました。

 

・1つは学べる

ただ、あえて言いますと、これらのセミナーをすべて否定しているわけではありません。どんなセミナーでも私は学ぶところはあると考えています。例えば初回の講座の


「魂を込めて話せ!」

f:id:direct-comm:20171024164625p:plain


この点だけは、なんだか今でも大事にしています。やはり伝えよう!という魂がないと伝わらないですからね。高額の講座の中には、今でも使えると感じているワークもありました。

また日本は信教の自由がありますから、こういったビックワードの世界を信じて幸福になれるのであれば、それは選択肢の一つとしてあっても良いのかなと考えています。

 

・論文を読むことが楽しい

一方で、私は様々な講座に通う中で、自分の傾向も理解していきました。私は元々経営学科で、会計の勉強をしていました。数字に割とこだわる方で、数字化されていない根拠はあまり信用できませんでした。

 

そのため、私は一発逆転系セミナーの研究に一区切りをつけ、心理学系の学会発表に参加してみたり、臨床心理士が主催する、学術方面の講座に参加するようになっていきます。

 

自分の勉強についても一般書籍よりも、学術書や論文を読む時間が多くなっていました。とにかく勉強だけは誰にも負けたくなかったので、会計士受験生の頃と同じぐらい勉強する様になっていました。論文を読むことがとても楽しかったです。

 

 

・貯金の減少に苦しむ

差しあたっての問題は貯金の減少でした。会社を辞めてから400万円あった貯金は、講座の調査代や、書籍関連費に使ってしまった関係で、ものの数カ月で、280万円ぐらいまで減っていました。 貯金残高が減っていくのを見ると精神的に追い込まれていきました。

f:id:direct-comm:20171209202112p:plain

お金が無くなっていくという感覚は、非常につらいものがあります。まだビジネスモデルも出来上がっていない状態で、私はひたすら耐えて勉強をつづけました。

 

・25歳になる

会社を辞めてから半年が過ぎ、私は25歳になっていました。年齢は同時にプレッシャーにもなります。

勉強を続けることは楽しかったのですが、現実的に前進しているわけではありません。そこで私は、まずは会社を創ってしまおうと考えました。

 

生徒さんがいるわけでもなく、なにを売るかも決まっていない状態でした。それでも、「会社を創る」ことで前に進んでいる感覚を得たかったのです。

 

まず私が考えたのは社名でした。

 

どんな社名にしようか・・・

 

考え始めました。

 

 

 

 

 

 

対人恐怖症克服期160 起業ニート編  こりゃさくらだ

対人恐怖症克服期160 起業ニート編 こりゃさくらだ

 

引きこもりから起業ニートになった私は、コミュニケーション講座を創るという目標を立てました。まずは修行のため5万円の研修に参加すると、研修参加者のかわいい女の子のメアドをゲットし、しばらくメールをすることになりました。

 

メールは当初たわいもない内容でしたが、その後なぜか、セミナーをひたすらマンセーするようになっていきます。そのメールは段々と常軌を逸してきて、セミナーセカンドステージが近づくにつれ、一日5件ぐらいお誘いのメールが届くようになりました。

 

当初のジューシーなやり取りは、一切なくなり、ひたすら講座の素晴らしさと一緒に行こう!という内容が書かれていました。止まらないマンセーメールをみて、私の中で核心が生まれました。


こりゃさくらだ!!!

 

f:id:direct-comm:20171205105900j:plain

 

間違いありません。

 

いま思い返すと、アイドルはそもそもコミュニケーションに悩んでいる感じがありませんでした。ハキハキと話してとても美人です。極めて社交的でした。

 

さらにいえばテニス焼けした男性もどこかうさん臭かったのです。やけにエネルギッシュで、押しが強く、ひたすらセミナーを持ち上げていました。

 

おそらくセミナー参加者の構成は以下の通りだったのでしょう。

 

さくら1 イケメン
さくら2 アイドル


参加者  メガネ男性
参加者  おとなしい女性
参加者  私

 

私は冷静に今までこの講座のビジネスモデルをはじき出しました。

 


洗脳ステップ1
初回セミナーでは

「批判→肯定デスループ」

を繰り返す。

批判→肯定により、変わったと錯覚させる。

 

洗脳ステップ2
錯覚が効果を発揮しているうちに、お茶会に誘う。集団圧力で、次の高額なセミナーに勧誘する


*勧誘ポイント
イケメン→女性参加者

アイドル→男性参加者

を担当する

洗脳ステップ3
セミナーセカンドステージで30万~40万しばき上げる
おそらくイケメンとアイドルに10万円程度のリベートが発生する

 

洗脳ステップ4

セカンドステージではさらに全人各的な肯定や否定を繰り返し、人生が変わったと錯覚を起こす。そして、高額なサードステージ(150万)に進む。その後は、講師となり、セミナー開催費などを上納する仕組みを創る。

 

・売上を計算

私はこのセミナー会社の月間の売上を計算しました。


セミナー1 月間30名×5万円=150万
セミナー2 月間9名×30万=270万
セミナー3 月間3名×150万=450万
総額 920万

 


ここから広告宣伝費や、人件費、会場費を払ったとしても充分ペイできるビジネスモデルになっているなと感じました。私はアイドルが、さくらとの確信を得ると、複雑な気持ちとなりました。

 

・メアド着拒

アイドルとの邂逅は全て瓦解し、全ては私を騙すための行為であったことがとてもつらい気持ちになりました。私はアイドルのメアドをそっと消去し、メアドも着信拒否をすることにしました。

 

初回からいきなり、強烈な業界の闇を体験し、私はコミュニケーション講座というもの怪しさと、グレーな形態に危機感を覚えました。同時に、私の中でより実態を詳しく知りたいと考え、1カ月あまり、有象無象のセミナーを受講することにしました。

 

やたら高い講座が多く、わずか1ヶ月で50万円ほど使ってしまいました。様々なセミナーに参加すると、この業界に決定的にはびこる、問題点を見つけることになります。

 

 

対人恐怖症克服期159 起業ニート編 またメールしてもいいですか?

対人恐怖症克服期159 起業ニート編 またメールしてもいいですか?

 

引きこもりから起業ニートになった私は、コミュニケーション講座を創るという目標を立てました。修行のため5万円の研修に参加したあとのお茶会でアイドルのメアドをゲットしました。すると、その夜にアイドルからメールが届いたのです!

 

 アイドルからのメールは以下の通りでした

「川島さん 今日はお疲れさまでした!スピーチとっても素敵でした。一日でこれだけ変れるってすごいことだと思います。私も次の講座に進んでもっと頑張りたいと思います。またメールしていいですか?

 

こんな感じの、メールが来ました。「またメールしていいですか?」という、ジューシーなメールは、乾ききった心に、猛スピードで染み込んでいきました。

 

「またメールしていいですか?」

「またメールしていいですか?」

「またメールしていいですか?」

「またメールしていいですか?」

 

 

頭の中を「またメールしていいですか」というジューな言葉が山彦のように鳴り響きます。

 

駆け巡るエンドルフィンっ・・・

 

こ・・・これま、まさか・・・本当に私のことを気に入っているのかもしれない!

 

そう感じると、さっそくアイドルにメールの返信をしました。

 

「メイさん メールありがとうございます!今日は大変なセミナーでしたが、自分の殻を敗れたような気がしました。次に進むかは検討していますが、メイさんともまたお会いしたいです。お互い頑張りましょう」

 *以下アイドルの名まえをメイと仮定します

 

「またお会いです」という文言を適度に入れて、プチ恋愛模様をにおわせつつ、メールを返信しました。

 

・何気ないやりとり

そしてその日からアイドルとのメールのやりとりが活性化していきました。最初の3日は何気ないやり取りが続きました。

 

「おはよう」

「今日は、ハンバーグ食べたよ。」

「今日は品川に行ってきたんだ!」

 

そんなやりとりが続きました。どうでもいい会話ばかりだったのですが、相手がアイドルと思うと、メールの文面が輝いているのが不思議です。こんなどうでもいい話題をメールしてくるなんて、これはもう本当にイケるかもしれない!!

 

セミナー参加時は下記であった妄想が

f:id:direct-comm:20171121010429j:plain

↓下記のように加速していきました↓

f:id:direct-comm:20171128170031j:plain

 

 

・セミナーの話

そうしてしばらくは4日目、すっかりセミナーの話は忘れ、アイドルとの日常的なやりとりに没入していました。

 

しかし、4日目・・・

 

「今日は講師が進める成功哲学の本を読んだんだ♪

   次のセミナーが楽しみ・・・」

 

というようなメールがきました。

 

元来私はセカンドステージに参加する動機はアイドルと仲良くなるためが80%占を占めていました。

 

もはや2人でのメールをする仲になった時点で、セミナーに出席するモチベーションをかなり失っていたのです。

 

・誤魔化しのメール

セミナーへの興味を失っていた私は

 

「メイさんは、前向きですね~私も頑張ります」

 

という感じでお茶を濁していると、

 

「川島さんは、セミナー参加するのですか?」

 

と核心を突いたメールが来ました。答えはNoでした。しかし、相手が気にいっているセミナーを否定して参加しない旨を伝えるのはマナー違反です。

 

「日程が微妙になってきまして・・いま考え中です」

 

と返信してのらりクラリとメールをするようになりました。

 

 

・止まらないマンセー

そうして、メールのやりとりが4日目を過ぎたあたりから、私の雑談的なメールは華麗にスルーされるようになり、ほとんどが、セミナーをマンセーする内容に変わって行ったのです。

 

「〇〇先生は本当にすごい人だ!」

「潜在意識にアクセスできる!」

「次のステップでさらに変わることができる!」

「私もトレーナになる!」

 

私のメアドは、先日までの、ジュシーなやりとりが駆逐され、全てがセミナーマンセーメールへと変わって行ったのです。

 

 

こ・・・これはもしかしたら・・・

 

私の中にある直観が働いてきたのです・・・

 

 

 

 

対人恐怖症克服期158 起業ニート編  アイドルのメアドゲット

対人恐怖症克服期158 起業ニート編  アイドルのメアドゲット

 

引きこもりから起業ニートになった私は、コミュニケーション講座を創るという目標を立てました。修行のため5万円の研修に参加したあと、アイドルから次の講座に一緒に出ましょう!と誘惑されました(40万の講座)。

 

かわいい女の子から、「一緒に〇〇♥」と言われると、24歳の男子の98%は脳が脊髄反射起こし、その誘いに乗ってしまうという説が脳科学では立証されていることはいうまでもありません。

 

私も、そのDNAレベルに埋め込まれたリビドーに抗うことができず、参加する!と宣言しようとしたその瞬間・・・・

 

 

「お客様・・・閉店のお時間となりました・・・」

 

 

絶妙のタイミングで 店員さんが声をかけてきたのです。

 

気が付くと、時間は夜の9時になっていました。セミナーが終わったのが6時ぐらいだったので、3時間近く喫茶店にいたことになります。

 

本当に参加の意思を表明しそうになっていただけに、私自身狼狽してしまいましたが、ギリギリのところで回避することになったのです。

 

 

・アイドルのメアドゲット

さすがに会はお開きになることに・・・

 

するとテニス焼けした男性が、

 

「折角なのでみんなでメアドを交換しましょう!」

 

と提案をしてくれました。これはすばらしい提案でした。みんなということはそのアイドルのメアドも内包されているはずです。

 

そうして実際、アイドルのメアドを私は無事ゲットしたのでした。おそらく、彼女以外の若い女性のメアドをゲットしたという行為は4年ぶりぐらいのことでありました。

 

しかし、ゲットしたメアドを見ると、極めて嬉しい反面・・・何か奥底でうごめく黒い感情がうずき始めました。

 

・彼女の顔を思い出す

そのうごめく感情の正体を探って行くと、「彼女」の顔が浮かんできました。そういえば私には4年付き合っている彼女がいることにハタと気が付きました。

 

会計士とニートという立場のギャップから、最近は険悪になってしまい、月に1回会うか会わないかという関係になっていましたが、彼女への罪悪感が芽生えました。

 

アイドル目当てに40万の講座に申し込もうとした私を脳内で彼女が怒っているような気がしました。

 

 

・帰宅後 

家に帰ると、嬉しさと罪悪感という、塩アイスのような、複雑な感情に支配され、私は、布団に突っ伏してしまいました。しばらく悶々としていると、メールの受信着信音が鳴りました。

 

 

差出人は、なんとアイドルだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対人恐怖症克服期157 起業ニート編  集団圧力

対人恐怖症克服期157 起業ニート編  集団圧力

 

 引きこもりから起業ニートになった私は、コミュニケーション講座を創るという目標を立てました。修行のため5万円の研修に参加すると、人格を破壊→肯定定という無限ループを味わい尽くし、生まれ変わったような気持ちになりました。

 

セミナーが終わるとテニス焼けした男性がお茶に誘ってくれました。なんとアイドルも参加すると宣言しています。

 

アイドルと是非お近づきになれる!!

 

私はお茶会に参加することにしました。

 

 

・話題は次のセミナー 

お茶会の話題は次の講座で持ち切りでした。

 

心のブレーキが外れた!

性格を変えることができる!

次回が楽しみだ!

 

 

という話題ばかりでした。

 

 

 

・集団圧力

お茶会はどんどんヒートアップしていきます。

 

チャンスは行動した者のみに訪れる!

変わるのは今しかない!

 

次のステップにいこう!

みんなで変るチャンスだ!

投資したお金は絶対に戻ってくる!

 

集団圧力が半端ではありません。

 

  

・30代の女性陥落

そしてついに!私ともう1人参加を見送っていた女性が、

 

「わ、私も参加します!」

 

と宣言をしました。

 

「おお!参加してくれるのですね!」

 

一緒に頑張りましょう。6人中5人が、意気投合し、目を輝かせていました。

 

 

・サードステージは150万円

セミナーの話題は尽きません。テニス焼けした男性は、セミナーは3段階になっていることを教えてくれました。2段階目は40万円、3段階目もあるようです。

 

こちらはトレーナーを目指す方ようで150万円かかるらしいということでした。150万の研修に出れば資格が発行され、開業ができるとのことでした。日焼けした男性は開業を目標にしているようでした。

 

私は金の話が出てきた時点で冷静になりはじめていました。なぜテニス焼けした男性が今後の流れを知っているだろう・・・疑惑の念が出てきました。

 

 

・アイドルに誘われ再び心が動く

心が冷めていくのが隠しきれなくなり、だんだん生返事になってくると、アイドルが私を集中的に褒めはじめました。

 

 

「セミナーの日は空いているのですか?」

「今日のスピーチとても良かったですよ♥」

 「一緒に心のブレーキを外しましょう♥」

 

 

夜遅くなって店内が薄暗くなってくると、そのアイドルが妖艶に見えてきます。一度完全にクールダウンしていた感情がだんだんと揺さぶられていきます。

 

 

アイドルが顔を近づけて私を応援してくれると、再び妄想がはじまりました。

 

セカンドシーズンを2人で乗り越え、2人は心を開き合う。

セミナーが終わっても2人の関係は続く。

他のメンバーには秘密でデートを繰り返します。

 

そしてついに3回目のデート・・・

 

新宿御苑のイチョウの木の下で、アイドルに告白します。

 

告白は成功・・・

 

たっちゃん!わたし嬉しい♥

 

私の脳内のニューロンが電気信号で妄想を加速させ、ついには以下の光景が脳内を支配したのです↓↓↓

 

 

f:id:direct-comm:20171121010429j:plain

 

アイドルとの心のブレーキを外したい!!

 

私は我を失っていきました。

 

 

 

 

対人恐怖症克服期156 起業ニート編  批判→肯定ループが気持いい

対人恐怖症克服期156 起業ニート編  批判→肯定ループが気持いい

 

 引きこもりから起業ニートになった私は、コミュニケーション講座を創るという目標を立てました。修行のため5万円の研修に参加すると、パワー系講師からスピーチをせよ!という課題が出されました。1巡目は大失敗・・・人格まで批判されました。

 

・スピーチ2巡目

1巡目のスピーチが終わると、2巡目のスピーチに突入しました。トップバッターは、「まじめ系サラリーマン」です。 まじめ系サラリーマンは、先ほどよりも感情をこめてスピーチをしていました。

 

 

しかし、講師の方は

 

「まだまだ!!もう1回!!」

 

とサラリーマンを煽ります。参加者も

 

「まだまだ出せる!頑張れ!」

 

と煽っていきます。スピーチは何度もやり直しとなりました。そして、スピーチが5回目を超えた頃・・・サラリーマンの様子がおかしくなります。

 

 

「わたしは!!!△××□□であります!!」

 

と半狂乱になり絶叫しはじめたのです。

 

 

すると講師の方は

 

「やったね!魂でたよ!」

 

とやっと褒めたたえたのです。講師はまじめ系サラリーマンを抱きしめました。私もなんだか感動してしまいました。

  

 

・世界の中心でスタ丼への愛を語る

そうしてついに私の番になりました。サラリーマンの方とお同じく、私への罵倒からはじまりました。

 

「まだまだ暗い!」

「かっこつけてる」

「腹から声をだして」

「きもちわるい←(これほんとに言われました笑)」

 

さんざん罵倒されると、私も意地になり、

 

「わたしは!!!すた丼への愛が△××□□であります!!」

 

と絶叫しました!するとどうも不思議な高揚感が体を支配しました。魂がでた!という手ごたえがありました。

 

 

すると講師の方が

「川島君ついに出たね!!おめでとう!」

とほめてくれましたアイドルも

 

「とても素敵でした!」

 

とほめてくれましいた。講師が私を抱き抱えてくれると、嬉しくて涙が出そうになりあした。どうも人間の精神というのは

 

 人格批判→人格肯定

 人格批判→人格肯定

 人格批判→人格肯定

 

というループを繰り返すと脳が焼かれておかしくなるようです。

 

そうして全員がスピーチを終えると、ワンデーセミナーは終了となりました。会場は、引退試合を終えた甲子園の如く、不思議な一体感に包まれていました。

 

 

・セカンドシーズンの説明

そうしてその空気のまま、講座は終わりとなりました。先生が退出すると、受付の女性が次の講座の説明をはじめました。

 

「本日は皆さん、おつかれさまでした。そう!人間って変われるのです。今日の講座はまだ序章に過ぎません。次回の講座はさらに心のブレーキを外すセミナーを行います。

 

通常ですと60万円なのですが、本日この場で決めて下さった方は、30万円となります。いかがでしょうか。」

 

すると、テニス焼けした男性と、メガネの男性、そしてアイドルが

 

「参加します!!」

 

と電光石火で述べました。

 

私も、

半額か・・・

修行だし・・・

高揚感も得られるし・・・

参加しようかな・・・

 

と感じていました。しかし、30万円はどう考えても大金です。この時脳裏をかすめたのが、何千枚と皿洗いをしたバイト時代でした。

対人恐怖症克服期72 皿洗いマシーン - 川島ブログ

 

時給800円で、30万円を貯めるには途方もない皿を洗わなくてはなりません。簡単に手放せない・・・私は冷静さを保ちました。

 

女性の勧誘は30分近く続きました。いかにそのセミナーがすごいかを力説してたのです。30分も経つと、先ほどの高揚感もだいぶ薄れ冷静になっていく自分がいました。

 

私の目が死んできていると判断したのか、セミナーはお開きとなりました。

 

受け付けの女性は、あと1週間以内であれば、40万円で受講できると、説明をしてくれました。まだ20万円の割り引きが効くとのことでした。

 

・魔のお茶会へ

そうして長い一日のセミナーが終わりました。精神的にすごく疲れて、ほっとした気持ちになりました。帰り支度を始めると、テニス焼けした男性が、

 

よかったらみんなでお茶をしませんか?

 

と声をかけてくれました。お茶会へは全員が参加するようでした。

 

もちろんアイドルも!

 

アイドルとの心のブレーキを外したいと考えた私は、当然参加の一手でありました。

 

しかし、このお茶会に参加することで私はさらなる泥沼引きずりこまれることになるのです。

 

 

 

 

対人恐怖症克服期155 起業ニート編  異性に言われて傷ついたランキング入賞

対人恐怖症克服期155 起業ニート編 異性に言われて傷ついたランキング入賞

 

 引きこもりから起業ニートになった私は、コミュニケーション講座を創るという目標を立てました。修行のため5万円の研修に参加すると、パワー系講師からスピーチをせよ!という課題が出されました。私はガチガチに緊張しながら、スタ丼をテーマにスピーチをしました。しかし、何を言っているのかわからないぐらいあがってしまいました。スピーチが終わると先生は重々しく口を開きました。

 

・圧倒的罵倒 

 

「川島くんは、頭脳型の話し方をしますね。

 魂を感じない!心がないです!

 すた丼への愛やを感じません!」

 

と根こそぎスピーチを批判されたのです。

 

そして講師は続けます。

 

「スピーチを見ていた皆さんはいかがでしょうか?川島さんのスピーチは魂がこもっていましたか?遠慮は不要です。川島君のためですから。」

 

すると他の生徒さんも

 

「頭で話している感じがする」

「心で話していない」

「魂がない」

 

とさんざん罵倒してきました。挙句の果てに、私が新宿御苑のイチョウの木の下で告白するはずであったアイドルも罵倒に加わりました。

 

先程までの可憐でかわいらしい表情はどこかに行ってしまい、

 

「嫌いな話し方」

「第一印象から暗い」

 

f:id:direct-comm:20171110181140p:plain

 *無料 写真 ぱくたそさんより転用

 

と批判してきたのです。

 

24歳の男子にとって、片思い中の娘から「暗い」などと言われることは、極めてショッキングでありまして、私に限らず世界中の男子が

 

人生における異性から言われた傷ついた一言ランキング

 

に確実に入賞してくることは間違いないのであります。きっついお言葉を頂いた私は、失恋も相まって、半泣きになってしまいました。

 

「ああ・・・そうですか・・・確かに感情がこもっていない話し方になっているかもしれません・・・」

 

とショックをうけて、皆様に反省の弁を述べたのでありました。

 

・魂わずかに出る

泣きそうになっている顔を見ると、講師が

 

 「ああ!川島君!今少し出ているよ!魂」

 

とおっしゃるのです。

 

どうも私は、罵倒をされることで初めて心の殻を破り、いくばくかの魂を発露することに成功したようでした。

 

講師は、

「 今の感じでそのまま次の順番の時に、魂を込めてスピーチをしてみてください。」

 

と課題を出してくれたのです。そうして、2巡目のスピーチがはじまりました。

 

この2巡目のスピーチから会場の空気がますますおかしくなっていくのです。