読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期88 就職活動編6 フェロモン系面接官とはじめて心が通い合う!

対人恐怖症克服期88 就職活動編6 フェロモン系面接官とはじめて心が通い合う!  

  

・食い下がるフェロモン

引きこもりから脱出し、就職活動を始めた私は、フェロモン系面接官と対峙することになりました。面接官から、「どうして就職活動しなかったのですか?」と突っ込まれた私は「起業するためです」と告げました。しかし、面接官は食い下がります。

 

 

「どうして起業しないで就職活動するのですか?」

 

 

なぜ起業しないで就職活動するのか?当たり前の質問でした。しかし、あろうことか私はこの質問についての回答を用意していなかったのです。初めての就職活動で舞い上がってしまっていたのです。起業就職という、矛盾した行動を正当化する美しいロジックを用意していなかったのです。

 

  

・追い込まれる

 狼狽した私は次のように返しました。

 

 

川島

「そ、それは・・・お金がないから・・・まずは貯めようと思ったのです。」

 

面接官

「ということは・・・正社員として勤務し続ける意思のないまま、就職活動をしていることになりますか?」

 

川島

「そういうわけでもないのですが・・・」

 

面接官

「そういうわけではないといいますと?」

 

川島

「・・・・・・・・・・・・」

 

面接官

「・・・・・・・・・・・・」

 

川島

「・・・・・・・・・・・・」

 

 

面接官

「・・・・正社員として続ける意思のない方を、企業に紹介するのは、とても難しいことです。率直に申し上げて、少し甘い気がします。」

 

  

面接官は極めて、ロジカルに、かつ極めて適確に、シャープなボディーブローを打ち込んでくるのでした。もはや私は、その*ユーリアルバチャコフのような正確なパンチに戦意を失ってしまい、茫然としてしまいました。

 

 

・ さっさとこのくそったれな面接を終わらせよう

一連のやり取りを終えると、面接官の女性は、もはやビジネス(紹介を成立させることで得られる彼女の営業成績のアップ)としての私への興味を失ったとみられ、最後まで売れ残った死んだサバのような目で私を見るのでありました。

 

彼女はこれ以上の深追いは、人生の無駄使いと判断したのでありました。その後は、極めて事務的な質問を連呼し、システマチックに面接を終わらそうとするのでした。

 

私自身も、抜け殻状態となり、面接官の方の質問に一問一答で答えるものとなり、この時ばかりは、「さっさとこのクソッタレな面接を終わらせよう」という姿勢では奇跡的かつ完全に一致し、初めてお互いの心が通じ合ったのでした。

 

 

 

つづく

 

 

 

*ユーリアルバチャコフ (ウイキペディア参考)

第29代WBC世界フライ級王者で、9度の防衛に成功。これは日本のジムに所属する世界同級王者として過去最多の連続防衛記録である。得意技は右クロスカウンター。スピードと巧みなテクニックが売り。

 

 

 

********************************

当リクナビネクストのやりとりは当時の私の歪み思考を前提として書いているため、失礼な記述があることをお詫び申し上げます。面接官の方は極めて常識的で丁寧な対応をしてくださったことことを強調しておきます。皆さん!転職の際はリクナビネクストを!

***************** ***************

 

 

 

**********************

当ブログでは、日常のコミュニケーションのコラムや対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服について興味がある方は参考にして頂けると幸いです。

 

・軽度対人恐怖時代    1~32

・引きこもりピークに   33~56

・フリーター時代     57~82

・2年間の会社員時代   83~128

 

**********************