読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期81 トンネルの出口

対人恐怖症克服期

対人恐怖症克服期81 トンネルの出口

 

・ほっとできる友

テレアポのバイトを続けて半年。私にも外でランチをする間柄の友達ができました。同年代のフリーターの石井君です。石井君は見るからに善人顔で、殺伐とした雰囲気を振りまく私にも臆することなく、警戒心ゼロで屈託のない話をしてくれるのです。

 

 

彼は吉粋ののんびり屋さんでした。フリーター生活を楽しんでいるようでした。将来のことなどが話題に上がると、

 

 

就職は2年後ぐらいにすればいいかな~。

まあなんとかなるでしょ!

 

 

っととても楽観的なのです。トゲがなく物腰の柔らかい石井君。私は久しぶりに安心して人間関係を築くことができました。石井君と親しくなってから、休憩時間が楽しい時間に変化しました。彼と会話をするときは、視線恐怖も笑顔恐怖もなく、自然とおしゃべりを楽しむことができたのです。

 

 

・穏やかな時間

石井君以外の方と話すときも会話のネタがだいぶ増えていました。よく聞かれる質問や、面白そうな話題。ネタ帳のストックは百を超えていました。初対面の人ともほぼ問題なく話ができる。緊張はするけれど、人と接することができる。

 

 

対人恐怖症とうまく付き合っている自分。私は病的なレベルから回復したことをやっと実感できました。もう出口がない・・・と思っていたトンネルにもひと筋の光りが見えたのでした。その後、私は右往左往しながらもなんとか回復し、フリーター生活に別れを告げ、環境系の会社に就職することになります。

 

 

対人恐怖症克服期は、次回で一旦ひと区切りとなります。

 

 

 

 

 

**********************

当ブログでは、日常のコミュニケーションのコラムや対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服について興味がある方は参考にして頂けると幸いです。

 

・軽度対人恐怖時代    1~32

・引きこもりピークに   33~56

・フリーター時代     57~82

・2年間の会社員時代   83~128

 

**********************