川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期141 起業迷走編 路上生活

対人恐怖症克服期141 起業迷走編 路上生活

 

元引きこもりの私は起業をするために退職しました。陰鬱な日々が続く中、商品を探すため(実態は現実逃避)タイへ行くことにしたのです。しかし、初日にレディーマッサージトラブルがあり、残り500バーツ(1400円)で生活することになってしまいました。 

 

 ・バンコク

朝起きて、ホテルのフロントの方に聞くと、バンコクの町にいることがわかりました。ホテルを出ると、空港周辺の閑散とした街並みとは違い、にぎやかなお店が立ち並んでいました。初日にケツの皮までむしられていた私ですが、気を取り直して市内を歩き回ることにしました。

 

 

トウクトウク 仏教 フルーツの町 

タイはとにかくバイクが多い街でした。交通量が非常に多く、3輪タクシーであるトウクトウクがたくさん走っています。

 

f:id:direct-comm:20170630133254p:plain

 

また、そこら中に仏像がありました。町中を歩く人は仏像の前に来ると、手を合わせて軽くお辞儀をして歩いていました。この辺は日本人と通じるところがあり、ほっとしました。

 

町中では、屋台でフルーツがたくさん売っていました。それもとても安いのです。メロンのようなフルーツが10バーツ(30円)ぐらいで食べることができました。手持ち資金が500バーツしかない私にとっては非常に助かりました。

 

 

・野宿を覚悟

にぎやかな町並を歩きながら、私は今夜泊まれる宿も探していました。タイの宿は安いとは言え、最低でも、500バーツ(1400円)ぐらいする宿が多く、なかなか手ごろな値段の宿が見つかりません。

 

あたりは暗くなり、活気のある街も静かになってきました。

 

結局、一日中、宿を探して、結局安く泊まれそうな宿が見つかりませんでした。400バーツの宿はあったのですが、食費を考えると手が出ません。。

 

そしてついに私は野宿せざるを得なくなってしまったのです。

 

 

・チュラーロンコーン大学で野宿

1万円しか持ってこなかったことを激しく後悔しつつ、どうせ野宿をするのなら、せめて治安の良い場所で寝たいと考えました。

 

市内を歩いていると、チェラルコーン大学という大きな学校を見つけました。治安がよさそうだったので、大学の脇の道路で、体育座りで、夜を明かすことにしました。

 

体育座りで星空を眺めながら、野宿をしていると、やはり不安感と悲しみが襲ってきました。

 

・ 人生を振り返る

もう24歳です。会社員も辞めてしまい、いまだに人生を放浪している。商品を捜すとうそぶいて、起業家になったつもりで、町中を俳諧しているが、結局何もみつからない・・・

 

挙句の果てに野宿をしている・・・迷走しているなあ・・・いったい僕はどんな仕事をしたいのだろうか・・・心からやりたいと思える仕事に巡りあえるのだろうか・・・

 

 

そう考えながら、うとうと仮眠をとるのでした。

 

 

結局私は3日間、この大学の脇の道路を定宿にして、人生を考え続けながら過ごしたのです。