川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期138 起業迷走編 1万円(3500バーツ)しばり

対人恐怖症克服期138 起業迷走編 1万円(3500バーツ)しばり

 

 

事業プランを模索していた元引きこもりの私ですが、生涯をかけて打ち込む仕事に出会うことが出来ていませんでした。唯一、海外の方とのコミュニケーションの面白さが記憶にあったので、貿易に興味を持ち始めていました。

 

ただ・・・いくら勉強しても、肝心の商品と出会うことができません。そこで私は1つのチャレンジ(実質は現実逃避)としてタイに商品を捜しに行くことにしたのです。

 

 

・1万円縛り

自分の性格を鑑みると、お金を持って行くと、圧倒的豪遊・・・をしてしまうのは目に見えていました。そこで自分との約束として、お金を1万円だけしか持っていかないことを決めました。ギリギリの金額で自分を試してみたいという気持ちもありました。

 

 

 最低限の保険として帰りのチケットは買っていました。ただし、OPENチケット(帰りの日程が決まっていないチケット)で日程は固定しませんでした。

 

事業プランの片鱗を見つけるまでは、絶対に帰ってこない!

 

と虚勢を貼っていました。

 

 

・薄暗い空港に到着 

2005年当時のタイは1バーツ2.8円ぐらいだったと思います。1万円ですと3500バーツぐらいでしたでしょうか。換金してみるとそれ位のお金にしかなりませんでした。

 

私が使った便は夜に到着の便でタイの空港についたのは夜の11時ぐらいでした。空港に到着すると、さっそく異様な雰囲気を感じました。

 

まず照明が全体的に暗いのです。成田空港の明るさを100とすれば30ぐらいでしょうか。不吉な・・・どんよりとした・・・そんな雰囲気がありました。

 

 

・ニコニコしたおじさんが寄ってくる

空港から降り立つと、夜の11時ということもあり、人はまばらです。周りに居た日本人もいなくなってしまいました。心細くなってきます。さらにはほぼ何も調べずにタイにきてしまったため、泊まる宿もありません。

 

不安になりながらも空港から出ると、大きな幹線道路がありました。照明が暗く、治安が悪そうです。ホテルや商店街はありませんでした。たまにすれ違うタイ人の視線を感じます。

 

 

これは朝まで空港コースだな・・・

 

と途方に暮れていました。

私はしばらくボケっと突っ立ていました。。

 

 

するとどこからともなく、50代ぐらいのニコニコしたタイ人のおじさんが近づいてきたのです。

 

f:id:direct-comm:20170619105057p:plain

*賭博破壊録 カイジ 人食いパチンコ編1巻より引用

 

 

このわずか30分後に、1万円しか持ってこなかったことを、圧倒的に後悔する事件が起こるのです!!

 

 

ざわざわ・・・