読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島ブログ 

コミュニケーション能力に関するブログを書いています。筆者は元引きこもり、ニート、現在はダイレクトコミュニケーションの講師をしている川島達史です。

対人恐怖症克服期108 会社員編 ハードルを上げないで頂きたい

対人恐怖症克服期

 対人恐怖症克服期108 会社員編 ハードルを上げないで頂きたい

 

  

引きこもりからどうにか脱出し、就職をした私は、出社初日を迎えました。配属先はなんと、社長の目の前でした!

 

 

・PC丸見え

 私の配属先は社長の席の目の前でした。真後ろに1メートルに社長がいるという恐ろしい自体です。私のPCは丸見えであり、私がいまどんな仕事をしているのか丸見えになっているのです。この時点私は、面接のとき、あれだけ誇張して企画書など作ってアピールをしたことを後悔しはじめていました。

 

というのも部長からすれば80倍の倍率を潜り抜けた人材なのだから、それそうおうのものを見せてくれだんだろうな!というような心境なのではないかと感じたからです。その仕事をぶりを絶えず真後ろで監視されるわけです。

 

マジかよ・・・!!

 

 

私はノーガードでヘビー級のボクサーと対戦しなくてはならないような心境になり、面接時に大見得を切ったことを早くも後悔しはじめるのでした。

 

 

・ハードル爆上げ

 その後、社員が全員揃うと、部長の朝礼がはじまりました。

 

「今日から川島くんが出社することになりました。

 面接時に30枚も企画書を創ってきてくれました!

 やる気に満ちています。

 将来は起業も視野に入れているようです

 みんなで頑張っていきましょう。」

 

とさらにハードルをMAXあげていきます。期待されることの恐ろしさを身を持って体験するのでした。

 

 

・研修がはじまる

朝礼が終わると、さっそく上司の有賀さんの研修がはじまりました。この研修そのものはなんとかついて行けたのですが、社内の雰囲気がおかしいことに気が付きます。

 

そのおかしさは、これから「自分の立場がやばくなる」と容易に予想できるおかしさだったのです。

 

 

続く

 

 

 

 

 

**********************

当ブログでは、日常のコミュニケーションのコラムや対人恐怖の克服体験、起業について執筆中です。対人恐怖の克服について興味がある方は参考にして頂けると幸いです。

 

・軽度対人恐怖時代    1~32

・引きこもりピークに   33~56

・フリーター時代     57~82

・2年間の会社員時代   83~128

 

**********************